平成28年度 十善会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 61 98 87 112 209 515 617 771 255
当院には小児科が無く、中学生以下の内科的疾患には対応困難です。20歳未満は軽度~中等度の外傷患者が主体です。高齢化社会を反映し80歳代の患者数が最も多く、90歳代も珍しくなくなりました。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 94 27.74 21.25 31.91 84.31
110310xx99xx0x 尿路感染症、腎盂腎炎 80 15.08 12.43 12.50 78.31
150010xxxx0xx ウイルス性腸炎 57 5.36 5.50 3.50 49.70
060102xx99xxxx 憩室性疾患 38 8.84 7.89 0 65.18
050130xx99000x 心不全 36 19.44 17.95 13.88 83.36
平成24年に肺炎が脳血管障害を抜いて癌、心疾患に次ぐ死因の第3位になりました。当院の症例をみても誤嚥性肺炎が最多を占めています。今年度はウイルス性腸炎が第3位にランクされました。細菌性腸炎より軽症例が多く短期間の入院で改善しております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆のう結石・腹腔鏡下胆嚢摘出術等 25 7.52 6.82 0.00 64.72
060335xx02000ⅹ 胆のう炎・腹腔鏡下胆嚢摘出術等 12 11.00 7.61 8.33 65.67
060245xx97xxxx 内痔核・手術あり 10 8.00 5.85 0.00 62.70
060150xx03xxxx 虫垂炎・膿瘍を伴わない虫垂切除術 - - - - -
060170xx02xxxx ヘルニア・腹壁瘢痕ヘルニア手術等 - - - - -
外科では胆石・胆のう炎に対して身体への負担を軽くし、社会的復帰を1日でも早くできるように腹腔鏡手術を積極的に採用しています。
急性胆のう炎に対しては消化器内科で経皮経肝胆のうドレナージ(PTGBD)を行った後に待機的に腹腔鏡下胆のう摘出術を行っています。
内痔核に対しては保存的治療で改善しないものに関しては切除やあ内痔核硬化療法(ALTA療法)を積極的に行っています
症例数が10未満の場合はハイフン(-)で表示しています。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺・手根管開放手術等 31 11.87 5.69 0.00 62.36
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷 28 25.36 20.57 35.71 79.71
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折・手術あり 23 29.17 27.63 86.96 87.26
160760xx97xx1x 前腕骨折・手術、副傷病あり 21 12.90 10.63 9.25 69.76
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼・手術あり 16 4.12 4.37 0 30.25
整形外科では、脊椎圧迫骨折・大腿骨近位部骨折など骨粗鬆症による高齢者の骨折が多くなっています。これらの骨折は内科的合併症を伴うことも多く
地域包括ケア病棟への転棟により在院日数増加の要因となっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180060xx97xxxx 不明の新生物・手術あり 12 2.50 6.76 0 53.83
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍・手術あり 10 3.90 5.11 0 59.20
080011xx99xxxx 蜂巣炎 10 11.60 11.97 0 49.20
080250xx971xxx 褥瘡潰瘍・手術あり - - - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂・手術あり - - - -
形成外科では皮膚、皮下の腫瘍切除が上位を占めています。外傷による縫合も多く、できるだけ傷跡が目立ちにくくなるよう留意しています。年齢も比較的若く短期間の入院となっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞・エダラボンあり 56 21.78 16.54 57.14 74.35
160100xx97x00x 頭蓋損傷・手術あり 49 13.00 9.87 18.36 77.08
010230xx99x00x てんかん 36 11.86 7.12 13.88 66.08
160100xx99x00 頭蓋損傷・手術なし 36 9.94 7.52 30.55 68.02
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫 30 20.16 19.35 60.00 74.36
「脳梗塞・エダラボンあり」というのは脳梗塞発症から48時間以内に入院となった患者さんです。治療、検査、、急性期リハビリの後、回復期リハビリ目的にて転院する患者さんが多く、転院率が高くなっています。「頭蓋損傷・手術あり」というのは慢性硬膜下血腫の患者さんが主体であり自宅退院が多いです。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱癌・手術・化学療法あり 16 8.00 7.85 0.00 76.94
110200xx02xxxx 前立腺肥大症・経尿道的前立腺手術あり 16 10.69 9.98 0.00 76.31
110070xx0200xx 膀胱癌・手術あり - - - - -
110070xx0100xx 膀胱癌・手術なし - - - - -
11012xxx99xx0x 尿路結石 - - - - -
膀胱癌に対する経尿道的手術は、リスクの高い患者さんについてはRe-TURを行うようにしています。前立腺肥大症に対する経尿道的切除術は残存腺腫をなるべく残さないよう努力しています。効率の良い医療を行うべくクリニカルパスを改善し、前年度に比べ在院日数は数日間短縮しました。
症例数が10未満の場合はハイフン(-)で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - 14 - - 1 7
肺癌 - - - 11 - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
症例数が10未満の場合はハイフン(-)で表示しています。期間中に同じ患者さんが同じ癌で入退院を繰り返しても1人として数えているため化学療法入院での乳癌・肺癌の数が多くなっています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 24 10.16 51.54
中等症 51 16.74 76.19
重症 20 30.95 81.30
超重症 - - -
不明 - - -
成人市中肺炎において軽症は比較的若年であり外来治療が基本となります。症例によっては入院となりますが概ね速やかに改善できています。中~重症例においては高齢でかつ慢性呼吸器疾患を基礎に持つ方も多く、呼吸器および感染症の専門医と連携して適切な治療にあたっています。入院期間も長期化する傾向にありますが当院では地域包括病棟を活用し十分なリハビリを行い自宅への退院を支援しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 26 5.96 67.88 3.84
その他 -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 -
その他 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 141 23.20 78.02 55.31
その他 32 22.09 76.56 46.87
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 -
その他 10 21.50 75.10 20.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 -
その他 -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 -
その他 -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 -
その他 -
脳血管の閉塞、狭窄によって血流低下を来たし発症するものを脳梗塞と言います。その多くは3日以内に入院となっていますが、高齢独居等の原因で発症から3日以上経過して入院となる患者さんもいます。一過性脳虚血発作とは脳の血流低下で神経症状が出現するも24時間以内に症状が消失するものです。その後に脳梗塞に陥る危険性が高く、症状が取れて良かったと安心せずに直ちに入院して精査が必要です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチ未満) 60 0.30 1.41 0 67.83
K664 胃廔造設術 19 23.36 24.78 78.94 79.52
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 16 1.75 25.62 12.50 79.00
K654 内視鏡的消化管止血術 12 0.25 22.66 8.33 79.33
K6871 内視鏡的乳頭切開術 - - - -
昨年に引き続き大腸ポリープ切除術の症例が一番多く件数も増加しています。原則1泊2日パスを使用し術後出血などに注意しながら効率よく質の高い医療を行っています。胃廔造設術では、胃廔適応の検討も行っているため平均術前日数が長い傾向にあります。また当院では急性の胆管炎で入院される方が多く内視鏡的胆道ステント留置術も行っています。炎症が改善したあと胆管結石採石までする方も多く術後の平均在院日数はやや長めです。早期に自宅へ帰れるようクリニカルパスを活用、改善していきます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆のう摘出術 43 3.49 9.51 6.98 63.95
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 26 0.39 2.88 0.00 67.50
K7434 痔核手術 10 0.10 6.90 0.00 62.70
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(膿瘍を伴わない) - - - - -
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア - - - - -
外科では胆石、鼠径ヘルニアに関して積極的に腹腔鏡手術を採用し患者さんの身体的負担を軽減し1日でも早く社会的復帰できるようにしています。
痔核に関しては保存的治療で改善しないものは切除や硬化療法(ALTA療法)を積極的に行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1882 神経剥離術 26 0.92 12.26 0.00 65.85
K0483 骨内異物除去術(下腿・前腕) 25 0.32 4.68 0.00 50.72
K0461 骨折観血的手術(大腿・上腕) 22 4.23 36.77 72.73 87.27
K0462 骨折観血的手術(前腕・下腿・手舟状骨) 19 2.00 26.73 10.52 58.84
K197 神経移行術 14 0.21 14.85 0 61.00
整形外科では手外科専門医による神経剥離術など手外科手術や高齢者の骨折の手術症例が多くなっており、リハビリと地域包括ケア病棟の充実を図っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 36 2.55 16.16 22.22 78.75
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング1箇所 12 5.16 26.25 33.33 63.75
K6092 動脈血栓内膜摘出術 内頚動脈 - - - - -
K1742 水頭症手術シャント手術 - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術その他のもの - - - - -
慢性硬膜下血腫とは、頭部打撲を契機として1~2ヶ月後に頭蓋骨と脳の間に血液が徐々に貯留、増加してくる病態です。局所麻酔の手術(穿孔洗浄術)を行い、通常1週間程度で退院可能です。当院の平均術後日数が長いのは、高齢者が多いため、合併症などが影響しているものと思われます。脳動脈瘤頸部クリッピング術はくも膜下出血症例、未破裂脳動脈瘤症例の両者を含みます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 経尿道的膀胱悪性腫瘍手術 32 0.59 7.65 0.00 78.31
K8411 経尿道的前立腺手術 17 1.82 8.52 5.88 77.47
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K8352 陰嚢水腫手術 - - - - -
経尿道的前立腺手術は前年度より平均術前・術後日数を短縮しています。高齢者が多く合併症を有する患者さん、認知症の患者さんが多く増加しています。
症例数が10以下の場合はハイフン(-)にて表示しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 -
異なる -
180010 敗血症 同一 -
異なる -
180035 その他の真菌感染症 同一 -
異なる -
180040 手術・処置等の合併症 同一 -
異なる -
この指標は医療の質の改善に資するため臨床上ゼロになりえないものの少しでも改善すべき4症例です。当院では発生なし、または10症例未満のため病院指標公表のルールに基づきハイフン(-)にて表示しています。