外科

おなかのヘルニア(脱腸)

 「おなかのヘルニア」とはいわゆる「脱腸」のことを示します。整形外科領域の椎間板ヘルニア(腰のヘルニア)とは別の病気です。
「おなかのヘルニア」は腹部の手術のキズあとやおへそ、そけい部(両脚の付け根の部分)など腹筋の弱った部分から、おなかの中の臓器(腸など)が脱出してしまう病気です。
子供さんのそけいヘルニアは、自然に治ってしまうことがありますが、成人の場合は基本的に手術が必要です。

手術のキズあと、おへそ、そけい部など膨らんだりひっこんだりする症状があれば、「ヘルニア」が疑われます。
 膨らんだりひっこんだりは、はっきりせずに痛みや不快感のみが強い場合もあります。
 疑わしい症状があれば、是非、当院の外科外来を受診して下さい。

おなかのヘルニア(脱腸)の種類
おなかのヘルニア(脱腸)の症状

<関連リンク>
ヘルニア倶楽部